TOP > How to beauty

記事一覧

洗顔の大切さ

美しいお肌作りは洗顔に始まり洗顔に終わると言われます。

それくらい洗顔は美肌づくりにとって大切なものです。
汚れを上手に落とすことは、綺麗なお肌をつくることにつながります。

ところが、クレンジングや洗顔の種類によっては、強力に油(脂)を落とすために毎日使用することで、自覚症状のないままにお肌が乾燥している場合が多いのです。

脂性の人が、過度な洗顔によって更に皮脂の分泌が増えることも、洗顔の行いすぎによる乾燥が原因です。
汚れを落とすためには、界面活性剤が必要不可欠になります。
酸化した皮脂、メイク汚れは脂汚れですから水では落とすことが出来ません。

油分と水分は混ぜり合うことが出来ませんが、界面活性剤は油分とも水分とも混ざりあう性質をもっています。
この界面活性作用で油(脂)汚れを落とすことができます。
化粧品に使用されている界面活性剤はほとんどが合成で出来ています。
この合成界面活性剤の種類によっては、角質層内の自然保湿因子や細胞間脂質も同時に奪って、減少させていきます。

また、洗顔とクレンジングの方法も間違っているとお肌への負担が大きくなり、乾燥肌を作っていきます。

お肌に合った種類のクレンジングと洗顔を選ぶことと、お肌に負担をかけない正しい方法で洗顔することが大切です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ