TOP > How to beauty

記事一覧

何故化粧水を使うのか?

ファイル 1-1.jpg

化粧水(ローション)を使う意味ってなんだと思いますか??

なぜ化粧水が必要なのか?
いきなりクリームを塗ってはいけないのか?
そもそも、化粧水にはどのような効果があるのか?
ちゃんと意味があるんです。

化粧水の成分の約90~95%は水分とアルコール類。
ですから化粧水はほぼ水ともいえます。
中身はほぼ水なのに何故化粧水が必要なのか?

化粧水をつける目的はお肌に水分を補給すること。
それによって後からのせる美容液やクリームの栄養成分が浸透する道も出来ます。

保湿には乳液やクリームと思っている方は多いと思います。

たしかに乳液やクリームなどを塗ると、肌が潤ったように感じます。
でも、これは実際に肌が潤っているんじゃないんです。

油で膜をつくっているだけなので、一瞬は潤ったような気がするのですが実は中はカラカラの砂漠…

乾燥しやすいからとしっとりタイプのクリームやオイルを長く使ってきた人は、皮膚の表面が固くなってしまい、水分を顔ではじいて しまうことも良くあります。

人間の肌細胞は20歳を過ぎるとどんどん潤いが失われ、乾燥が進んでいきます。
そんなお肌に手っ取り早く水分を与えられるのは、何をおいてもまず化粧水なんです。

でも、少量の化粧水をパシャっとつけたくらいでは、お肌はスポンジのように水分を吸収してためこんではくれません。

なぜなら、角質層には、外界からに刺激物や細菌をシャットアウトするバリア機能が備わっているからです。

たとえ高級な化粧水でもそんな強力な機能で守られているところへちょっとパシャっとしたぐらいでは、潤い効果はほとんど期待できません。
時間をかけて贅沢にローションをしっかり浸み込ませることでどんどん肌が潤っていきます。

リライフォルスドーレでは贅沢に使って頂けるように180mlの大容量に加えて値段もお手頃です。
贅沢にたくさん使ってお肌を潤わせてあげましょう♪♪