TOP > How to beauty

記事一覧

シミの種類と治療方法

1.老人性色素斑
  シミの中でも最も多いシミです。
  紫外線の影響でできます。
  加齢や、紫外線を繰り返し浴びることで濃くなっていきます。
  頬骨やこめかみなど紫外線が当たりやすい部分にできます。

2.そばかす
  遺伝的に白人に多く、鼻を中心に顔面や体にできる小さなシ   ミ、思春期に濃くなり、加齢と共に薄くなります。
  紫外線A派を浴びると濃くなります。

治療方法…レーザー治療、光線治療、ケミカルピーリングなどで薄     くなります。また、美白成分入り化粧品を常用すること     も効果があります。

3.炎症性色素斑
  ニキビ痕や傷の痕などが、茶色くシミになって残ってしまった  ものです。
  時間と共に消える場合が多く、消えるまでに2~3年かかるこ  ともあります。
  シミの部分に紫外線を浴び続けると消えてなくなってしまう場  合があります。

治療方法…早くシミを消す為には軽いピーリングを行い、ターンオ     ーバーを促進することが効果的です。
     レーザー治療は不向きです。
     美白成分入り化粧品を常用することも効果があります。

4.肝斑
  頬骨の部分に、モヤモヤと左右対称にできることが多く、色は  茶色や灰色とさまざまです。
  女性ホルモンのバランスが崩れた時にできると言われていま   す。
  妊娠中、出産後、更年期、ピルの服用時にできる場合が多いで  す。

治療方法…レーザー治療は不向きです。
     トラネキサム酸を服用することで薄くなることが多いで     す。
     軽いピーリングによるターンオーバーの促進や美白効果     入り化粧品も有効です。

シミの予防の10カ条

・紫外線対策を万全に行うこと
・ターンオーバーを促進させ皮膚の新陳代謝を高める
・美白成分入り化粧品を常用する
・活性酸素を過剰生成させない(余分な油分を与えない)
・バリア機能を高める(健康な角質を作る)
・お肌を乾燥させない
・活性酸素を除去する成分入りの化粧品を常用する
・抗酸化成分が含まれている食生活に心がける
・ストレスを溜めずに規則正しい生活をおくる
・クレンジングや洗顔時にお肌への刺激を与えない