TOP > How to beauty

記事一覧

細胞間脂質を増やす食品

『細胞間脂質』とは、角質細胞間を埋めている脂質です。

角質細胞の間を埋めているこの脂の層が充分であれば水分の蒸発を防ぐことができます。

外からの刺激物質の侵入も防ぎます。

細胞間脂質がバリア機能に重要な役割を果たしていると同時に、角質層の水分保持能力にも深く関与しています。

『細胞間脂質を増やす食品』

細胞間脂質が減ると乾燥肌になるばかりか、角質層がはがれて荒れた状態をつくります。

このような状態の肌に外からどんなに水分や油分を補ったとしても肌がうるおいません。

まずは細胞間脂質を増やして、水分や脂分を逃がさないことが先決です。

細胞間脂質を合成する為に、減量となるものは「コレステロール」です。

コレステロールは動脈硬化や高脂血症などの原因になることからとかく敬遠されますが皮膚にとっては新陳代謝を活発にし、細胞間脂質を合成させる働きがあります。

摂り過ぎは良くありませんが、コレステロールを多く含む卵を1日1個は食べるようにしましょう。

いわし、サバなどの青魚は「EPA」や「DHA」に加えて、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEを多く含んでいますので、細胞間脂質の補給に有効ですし、血流を良くする事にも役立ちます。

とくに「ビタミンD」は表皮の文化を調節する作用があり、表皮細胞の厚さ、細胞膜を厚く丈夫にすることや脂質代謝を促進して、細胞間脂質の量を増量することが認められています。

いわしやサバが苦手な人は、マグロやサーモン、うなぎなどでも相当の成分を含んでいます。

ただし皮膚に大きな影響を与える「EPF」や「DHC」は酸化されやすく、過酸化脂質が生成されやすいために、同時にビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどの抗酸化成分を摂取すると良いです。