TOP > How to beauty

記事一覧

ターンオーバー

基底層で新しく作られた細胞が、徐々に押し上げられ角質層の表面から角片(垢)となって剥がれ落ちるまでの時間を「表皮のターンオーバー」と言い、一般的に28日間です。

角質細胞になってから剥がれ落ちるまでの時間を「角質層ターンオーバー」と呼んでいて通常14日間です。

新しい細胞が角質になるまでの時間が14にち間、角質になってから垢になって剥がれ落ちるまでが14日間、合計28日間が新しい細胞が垢になって剥がれ落ちるまでの理想的な時間となります。

この周期は固定したものではなく、個人差や年齢、肌環境、肌状態によって遅くなったり早まったりします。

表皮の入れ替わりは、ただ上に押し上げられるのではなく、その過程において正常な角質細胞や自然保湿因子をつくるために栄養や原料を提供するなでお非常に重要な働きをしています。

ターンオーバーのスピードが速まると、正常な角質細胞がつくられず、自然保湿因子や細胞間脂質が少なくなり肌のバリア機能が低下します。
外からの刺激を容易に受けやすい敏感なお肌が出来上がります。
肌が乾燥し、肌荒れの原因にもなります。

ターンオーバーのスピードが遅くなると、角質層が垢となって剥がれ落ちない為に角質が厚くなり、肌は乾燥してトラブルの初期原因をつくっていきます。

ターンオーバーは早すぎても、遅くてもいけません。
理想的なターンオーバーが美しい角質を作り上げ、見た目もきれいで潤いのあるお肌へと導いていきます。

紫外線や炎症によって過剰な「活性酸素」つくられ、角質細胞の遺伝子レベルに悪影響を与えると、正しい細胞がコピーされずに肌のトラブル、肌老化に繋がっていきます。

ターンオーバーの周期と同時に大切なことは、正常な角質細胞を作ることです。
過剰な活性酸素を作らせないために、紫外線予防や抗酸化成分入りの基礎化粧品を使用し続けることが大切です。

ターンオーバーが速まる原因は
・紫外線による炎症
・その他の炎症
・かぶれ
・化粧品の乱用
・過度のケア

ターンオーバーが遅くなる原因
・肌の乾燥
・加齢