TOP > How to beauty

記事一覧

くすみについて

くすみは老化の第一歩と言われています。
お肌の衰えのサインでもあります。
肌の色味を決定しているものは、メラニン、カロチン、ヘモグロビンの3つの要素です。
このバランスが崩れて、肌の明度が下がり、不規則な色素沈着が生じた時にくすみを感じます。
当然、角質が厚くなり、皮脂の汚れが残っていると肌の透明度が失われます。

<原因>
ターンオーバーが遅くなり、角質が厚くなってくると肌の透明度が失われます。
クレンジングによるメイク落としが不十分、洗顔が適切に行われていないことで汚れが残っていることも原因です。
過労、睡眠不足、ストレスなどによる体調不良や喫煙によってくすみをより強く感じる場合もあります。

<対策>
古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促進させる。
お肌の刺激が少なく、十分に汚れが落とせるクレンジングと洗顔を使用する。
毎日、正しい洗顔法で洗顔する。
角質の保湿ケアに心がける。
紫外線対策を心がける。
バランスの取れた食生活と規則正しい生活を心がける。
喫煙はなるべく控える。
皮膚の血行促進のため、マッサージやパックを取り入れる。

軽いピーリングやパックはお肌の新陳代謝を高め、保湿ケアが出来るので即効性があります。
ピーリングの行いすぎや、パックの行いすぎは逆にお肌に負担をかけてしまうので注意をしましょう。
パックは週に2回くらいが目安です。
保湿成分がしっかり入ったローションでローションパックを行って十分効果があります。