TOP > How to beauty

記事一覧

お肌の美しさを決めるもの

【お肌の美しさを決めるもの】
実際に私たちが手に触れ、目で見て、キメが細かいとか肌があれているとか毛穴が目立つなど、お肌が美しいかどうかを決定しているところは角質層です。
角質層の状態がお肌の美しさを決定しています。

【健康な肌状態とは?】
角質が規則t出しく並び、十分な水分を含んでいて、乾燥や刺激から肌を保護しています。
表皮細胞の生まれ変わり(表皮のターンオーバー)が順調に行われていて、健全な角質が作られています。
真皮細胞の働きが活発で、表皮を下からしっかり支えている状態です。

【健全な角質層を作るには?】
・皮膚の汚れや余分な皮脂を除去する
・ターンオーバーを促す
・角質層を乾燥させない
(紫外線対策)
(正しい洗顔で潤い成分をにがさない)
(お肌にやさしいクレンジングと洗顔を常用する)

【角質層が厚くなる原因は?】
角質層が厚くなると、キメが荒く、毛穴が目立つお肌になります。
また、お肌がくすみ、荒れた肌を作ります。さらにお肌が乾燥していきます。
1.過剰な皮脂分泌
 皮脂分泌は多いと毛穴が角化してざらざらします
2.ホルモンバランスが乱れる
 男性ホルモンは皮脂分泌を促し角質層を厚くします。
3.ターンオーバーの乱れ
 早すぎると正常な状態でない角質が作られ外からの刺激が受けや すくなります。
 遅すぎると古い角質が剥がれ落ちない為にどんどん暑くなりま  す。
4.紫外線の影響
 紫外線の影響で肌は乾燥し、傷ついた細胞を修復する為にターン オーバーを加速化し不完全な角質がたくさんつくられます
5.乾燥肌
 角質層が乾燥すると、水分を逃さないように働く為に角質は厚く なっていきます。

【角質層を乾燥させる主な原因は?】
1.紫外線の影響
 紫外線を浴び続ける、強い紫外線を浴びると角質層は乾燥しま  す。
2.クレンジングと洗顔
 肌への刺激が強いものや脱脂力が強いものを使用し続けることで 知らないうちに角質層から保湿成分が奪われ、慢性的な乾燥肌に なっていきます。
3.加齢
 加齢により皮膚老化がおこると、角質の中にある天然保湿因子、 細胞間脂質が減少、皮脂の分泌も減る為に角質層中の水分が減少 していきます。

【角質層の保水能力を構成するもの】
角質層の潤いを保つのは次の3つです。 
乾燥、紫外線、保湿因子を奪い取る洗顔、ストレス、加齢などの要因で肌あれがおこり角質層の保湿メカニズムが崩れます。
対処法としては、乾燥、肌荒れを起こす要因を取り除くことと、保湿成分がしっかり入っている化粧品を使用することで保湿メカニズム補強することできます。

1.皮脂膜
 皮脂腺から分泌される皮脂が皮膚表面に流れ出て広がり膜をつく ったもの。
 肌の表面からの水分の蒸発を防ぎ、肌を弱酸性に保って雑菌の侵 入を防ぎます。
2.NMF(天然保湿因子)
 角質細胞内のアミノ酸や尿素などの天然保湿成分、角質細胞内の 水分を保ちます。