TOP > How to beauty

記事一覧

ニキビのスキンケアのポイント

思春期ニキビ

過剰な皮脂を取り除くために、洗顔をやさしく念入りに行います。
洗顔後は殺菌効果のあるニキビ用化粧水で手入れを行います。
石鹸を使用した洗顔は朝、夕の2回くらいで十分です。
汗をかいた時は水洗いで汗とホコリを洗い流す程度に行います。
洗顔を行いすぎると、乾燥を招き皮脂分泌を促進させるので注意しましょう。

大人ニキビ

「ホルモンバランスを整える」

ホルモンバランスを崩す原因として、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、生理前があります。
偏食が多く野菜不足やビタミン不足はホルモンバランスを崩します。
生理前は黄体ホルモンが増える為にお肌が乱れます。
黄体ホルモンは皮脂分泌を促進させ、お肌のトラブルを招きます。

「角質を整える」

皮脂分泌が多い人は「乾燥肌ではない」と思っている場合が多いのですが、皮脂分泌とお肌の乾燥は関係がありません。
大人ニキビの人は、皮膚を清潔に保つために、過剰な洗顔を行い、その後のお手入れをきちんとしない為に乾燥肌になっている場合が多いのです。
お肌が乾燥すると、少なくなった水分を脂分で補おうと、皮脂を過剰に分泌させます。
また、お肌が乾燥することで肌の水分を少しでも逃がさないようにと、古い角質も剥がれ落ちずにどんどん角質が厚くなっていきます。
大人ニキビの場合は、洗顔で肌を清潔に保つこと、その後の保湿ケアをしっかり行うことが必要です。
お肌がかさつく場合は美容液をつけるくらいで、余分な油分を与えないようにします。
ファンデーションの油分もニキビを悪化させます。
ニキビができている所にはファンデーションの使用は避けたほうがいいでしょう。
マッサージ、パック、ピーリングも古い角質除去とニキビ予防には効果的ですが、赤く炎症を起こしているニキビには避けるようにします。
クレンジング、洗顔の種類によっては洗浄力が強烈で毎日行うことで慢性的な乾燥肌になっていきます。
洗浄力が強すぎるクレンジングや洗顔の使用は中止して、お肌に優しく汚れを上手に落とす物を選びましょう。

「ニキビ跡」

ニキビは出なくなったけれど、ニキビ痕に悩む方は多いです。
症状としては、ニキビ後の色素沈着、ニキビ痕の凸凹、肌が硬くなっている部分的に皮脂の分泌が多く化粧崩れしやすい…
このような状態の場合が多いようです。

原因としては、ニキビの症状が出ている時に正しいお手入れが出来ていなかったために慢性的な乾燥肌になっている場合があります。
乾燥肌がTゾーンなどの部分的な皮脂分泌を促進させ化粧崩れを起こします。
また、乾燥により角質層が硬くなり、ターンオーバーが促進されない為に色素沈着がいつまで経っても改善されません。
角質層が硬くなっている為にローションなどの吸収が悪く、さらに乾燥を招いていきます。

「お手入れ方法」

お肌が硬い人はまずピーリングなどで硬くなった角質を優しく取り除いていくことが効果的です。
ピーリングの行いすぎはお肌を傷めてしまいますから注意いましょう。
角質が柔らかくなってくると、ローションの吸収もよくなり角質が十分に保湿されていきます。
洗顔後の保湿を十分に行うことで、ターンオーバーが促進されますから、ニキビによる色素沈着も徐久に薄くなっていきます。
ニキビ跡の凸凹もピーリングと保湿である程度改善されますが、全くなくなることはありません。
ニキビによる痕ができてしまった場合は、赤ちゃんのようなすべすべお肌には戻ることはないので、ニキビができた時のお手入れを正しく行うことが大切です。