TOP > How to beauty

記事一覧

毛穴について

「毛穴の開き」

毛穴の大きさは男性ホルモンの量でほぼ決まります。
思春期の頃から、性ホルモンの分泌が始まりますが、特に男性ホルモンの影響を受けて皮脂腺がとても大きくなれば毛穴が目立つ肌になります。
皮脂腺の発育が悪ければ毛穴の目立たない肌になります。
男性ホルモンの多い、少ないは遺伝ですから毛穴の大きい、小さいも生まれる前から遺伝によってほぼ決まっています。
体の中で一番皮脂腺が発達している部分は頭皮です。
次が顔です。
体の毛穴よりも顔の毛穴が目立つのは、皮脂腺の発達の違いです。
人のよって、毛穴の大小はありますが、更に毛穴が目立つようになる原因は次のものがあります。

毛穴が目立つ原因
・角質があつくなって毛穴が目立つ
・皮脂分泌が多い為に毛穴が開く
・加齢などによるたるみによって毛穴が目立つ

「対策」
角質が厚くなって毛穴が広がって見える状態の場合は、角質ケアが有効です。
角質が厚くなっていく原因として、乾燥によるターンオーバーが遅れ、古くなった角質が剥がれない状態が考えられます。
ターンオーバーを促進する為には、古くなった角質をやさしく取り除くピーリングとその後の十分な保湿が大切です。
皮脂分泌が多く、出口を押し上げるために目立ってしまう毛穴は、特にTゾーンに現れます。
この場合、自分に「乾燥肌」である自覚があまりないために、保湿ケアがされていないことが多いようです。
Tゾーンが脂浮きして、口や目の周りが乾燥気味な人は実は「乾燥肌」です。
洗顔後の保湿ケアを十分に行うことで、部分的な脂浮きがなくなり、毛穴は目立たなくなってきます。
お肌のたるみを改善することで、毛穴も目立たなくなってきます。
お肌のたるみも乾燥することで、ますますたるんできます。
どの場合も根本原因である乾燥肌を改善することと、乾燥の原因を取り除くことが大切になってきます。
十分な保湿ケアを行った上での、毛穴の引き締めは効果的ですが、保湿ケアを十分行わずに。毛穴引き締めを行うと出口を失った皮脂は、ますます出口を押し広げて出て行こうとするために、毛穴は広げられて大きくなってしまいます。