TOP > How to beauty

記事一覧

クレンジングの種類とクレンジング方法

クレンジングの種類には大きく分けて以下のようなものがあります。

①ふき取りシート
 シートは合成界面活性剤が多く含まれています。
 ふき取ったまま洗顔しなくていい商品もありますが、その分お肌 への負担が大きいと言われています。

②オイルクレンジング
 オイルクレンジングにはオイルが多く含まれていてその分メイク 汚れとは良く混ざり合いますが、油分が多いために合成界面活性 剤の量も多くなってしまいます。
 その分お肌への負担も大きくなります。
 油分が毛穴に残ってしまう場合があり、毛穴に残ってしまった油 分は酸化し黒くなることもあります。
 また、油分が毛穴に残ってしまった場合はローションの吸収も悪 くなります。

③ミルククレンジング
 油分を抑えて保湿成分などを配合している場合がおおいです。
 オイルクレンジンほど合成界面活性剤の量は多くなく、お肌への 負担も比較的少ないです。

④クレンジングジェル
 油分は入っていません。合成界面活性剤と保湿成分などを配合し てゲル化したものです。
 お肌への負担は少なく、油分が入っていないので洗い上がりはす っきりしています。

<クレンジング方法>
それぞれのタイプで洗い流すものや、ふき取るタイプのものがありますが、お肌への摩擦と負担を考えるとふき取るタイプよりも洗い流すタイプのほうがより優しいと言えます。

クレンジングの成分にも保湿、消炎、美白などの有効成分が配合されているものが良いです。

クレンジングの使用量が少ないと、メイクを馴染ませるときに手の摩擦が出てしまうのでお肌への負担になり、お肌を傷めることになります。クレンジングは十分な量で行いましょう。

過度な力を入れてマッサージをしてはいけません。

メイクが馴染めば十分です。