TOP > How to beauty

記事一覧

紫外線の分類と皮膚への作用

<紫外線A派>
生活紫外線ともよばれ曇りの日や、窓ガラスなども通して届きます。お肌の真皮層まで届き、コラーゲンを減少させます。
又、コラーゲンエラスチンを変性させ、お肌のハリや弾力を失わせます。
その結果シワ、たるみの原因となります。
メラニンを新しく作るのではなく、既存のメラニンを酸化させ、濃い色のメラニンに変えます。
この現象は皮膚の色が濃い人に起こります。

<紫外線B派>
オゾン層を通過して降り注がれる紫外線です。
過剰に浴びると皮膚炎症を起こして赤くなります。皮膚細胞のDNAを傷つけ、皮膚を乾燥させます。
メラニンが生成促進されます。

紫外線A派も紫外線B派も多量の活性酸素を発生させます。