TOP > How to beauty

記事一覧

肌老化と活性酸素について

【肌老化について】
肌老化は、紫外線による光老化がほとんどです。
肌老化の80%以上は光老化によるものです。
光老化の主な要因は活性酸素です。
紫外線によって、組織中の酸素が励起されて活性酸素が多量に作られます。
この活性酸素が組織傷害を起こし、光老化が起こります。
表皮の光老化による変化は、活性酸素によって角化細胞や色素細胞が損傷を受けます。
その為、角質層は厚くなり、保湿力が低下して、しなやかさを失い、キメが乱れた肌になります。
真皮の光老化による変化は、コラーゲンを減少させ、エラスチン線維が変性する為にハリや弾力が失われていきます。
肌老化を防ぐ為には、紫外線を浴びないようにすること、活性酸素を増やさないようにすること、できてしまった活性酸素を除去することが必要になってきます。
また、抗酸化作用がある成分入りの基礎化粧品を常用することも効果的です。

【活性酸素について】
活性酸素は私たちが生きている以上、毎日作られます。
人間は酸素を取り入れて、食べたものを分解し、生きていく為に必要なエネルギーに変えていきます。
この体の中で起こる一連の流れは、一種の化学反応で「酸化反応」とよばれます。
私達が生きている間、酸化反応はおきつづけているわけです。
この酸化反応のときに必ず生まれるものが「活性酸素」です。
「活性酸素」は私達の体にとって有害ななものと思いがちですが、一定の「活性酸素」は逆に外から入ってくる細菌やウィルスをやっつける免疫効果があるのです。
ところが一定以上に増えすぎてしまうと、逆に自分自身の細胞を傷つけ、遺伝子レベルに悪影響を与える為に肌の老化や生活習慣病を引き起こしてしまうのです。
過度の「活性酸素」は体内で除去することができます。
ところが加齢によってこの「除去する力」が衰え「一定以上の活性酸素」が体内にあることで全ての老化が始まります。
またそれ以外にも、活性酸素を過剰に増やす原因があります。
アンチエイジング、生活習慣病の予防、肌老化の予防の為には一定以上に増えた活性酸素を日々取り除いてあげるために、抗酸化物質を取り入れることが非常に効果的です。
同時に肌老化においては、保湿と抗酸化成分入りの基礎化粧品を使用し続けることが大切になってきます。

【活性酸素を増やす要因】
・紫外線
・ストレス
・喫煙
・放射線
・農薬
・大気汚染
・過激なスポーツ

活性酸素はガン、脳卒中、心臓病、糖尿病、高脂血症などの病気にも関与があると言われています。
また、美容の面でもニキビの悪化、シミ、しわ、かぶれなどほとんどの肌トラブルに活性酸素が関わっていると言われています。

【活性酸素を除去するもの】
・活性酸素を分解する酵素
 スーパーオキシドスムターゼ(SOD)
 カタラーゼ
 グルタチオンペルオキシターゼ

・ビタミン類(抗酸化能力のあるもの)
 ビタミンE、ビタミンC、βカロテンなどの抗酸化ビタミン、ヒス ジチン、メチオニンなどのアミノ酸、尿素、ビリルビン、チオタ ウリン、グルタチオンなどの抗酸化物がそれぞれ関連を持ちなが ら体内に発生する活性酸素の消去に役だっています。